残業代請求による経営危機から会社を守る 未払い残業代請求対策

社会保険労務士・行政書士・年金アドバイザー【葛城総研コンサルティング】 ある日、会社に弁護士司法書士から内容証明郵便がやってきた!?

社会保険労務士・行政書士・年金アドバイザー【葛城総研コンサルティング】 労働基準監督署が事業所にやってきた・・・

社会保険労務士・行政書士・年金アドバイザー【葛城総研コンサルティング】 突然、○○労組から団体交渉を申し込まれた!?


あなたの会社は「残業代請求バブル」に対応できますか?


社会保険労務士・行政書士・年金アドバイザー【葛城総研コンサルティング】 近年、従業員あるいは退職者からの未払い残業代請求が増え続けています。
    事業主様、人事労務担当者様は次のチェック事項を確認してください。

社会保険労務士・行政書士・年金アドバイザー【葛城総研コンサルティング】
あなたの会社も他人事ではありません!

【チェック項目】

従業員が定時を過ぎても仕事をしているが、時間外手当の支給をしたことがない。

営業手当など、残業代として一定額だけを支給している。

残業代は、基本給に含めて支払っている。年俸制の場合には残業代を含めている。

従業員の自発的な残業には、残業代を支払っていない。

残業代に1ヶ月の上限を設けており、その上限を超える場合には支払っていない。

休日出勤時には、割増賃金を支払っていない。

全ての管理職には残業代を支給していない。

労働時間の管理をタイムカードのみでおこなっている。

残業代の賃金計算の算定基準は、基本給だけで行っている

時間外・休日労働の協定(36協定)の届出なしに残業をさせている。

職場にパート(アルバイト)を含め10人以上従業員がいるのに就業規則がない。

代休と振替休日の区別がついていない。


社会保険労務士・行政書士・年金アドバイザー【葛城総研コンサルティング】 上記のうち、ひとつでも該当する場合は要注意

社会保険労務士・行政書士・年金アドバイザー【葛城総研コンサルティング】
賃金は2年間分を遡って請求可能です!

今後、弁護士や司法書士がサポートする「残業代請求」がますます増えてきます。
手遅れにならない為に、人事労務コンサルタントである「社会保険労務士」にまずはご相談ください。
労働基準法は労働者を守るための法律です。
会社を不当な残業代請求から守るのは事業主さんの決意からです。


葛城総研コンサルティング