防火対象物定期点検報告


防火対象物定期点検とは


平成13年9月に発生した歌舞伎町雑居ビル火災を受け、消防法が大幅に改正されました。
この大惨事となった要因には、避難障害や、防火管理者が選任されていなかったこと、避難訓練も行われていなかったことにあります。
そこで、消防法の主な改正点として、防火管理の徹底をはかるため、防火対象物定期点検報告制度が新設されました。これにより一定の防火対象物の管理について権原を有する者は、防火対象物点検資格者に防火管理上必要な業務等について点検させ、その結果を消防長または消防署長に報告する事が義務づけられました。



資格者による防火対象物定期点検


点検は、防火対象物の火災の予防に関し専門的知識を有する防火対象物点検資格者に行わせなければなりません。防火対象物点検資格者は、総務大臣の登録を受けた登録講習機関が行う講習を修了し、免状の交付を受けた者のことです。


島田防災テック 職場や住まいの防災・安全衛生サポートは葛城総研へご相談ください
島田防災テック 消防用設備等保守点検は葛城総研グループ 株式会社島田防災テック



資格者による防火対象物定期点検


点検資格者は、消防法令に定められている、次のような項目を点検します。(一例)
・防火管理者を選任しているか。
・消火・通報・避難訓練を実施しているか。
・避難階段に避難の障害となる物が置かれていないか。
・防火戸の閉鎖に障害となる物が置かれていないか。
・カーテン等の防炎対象物品に防炎性能を有する旨の表示が付けられているか。
・消防法令の基準による消防用設備等が設置されているか。


島田防災テック 職場や住まいの防災・安全衛生サポートは葛城総研へご相談ください
島田防災テック 消防用設備等保守点検は葛城総研グループ 株式会社島田防災テック


島田防災テック



消防用設備等保守点検のページへ